眠れない時にはどうする?

眠れない時にどうするのか、悩んでいる人って結構いますよね。

眠れないパターンには、なかなか寝付けない、途中で目が覚めてしまう、眠りが浅いなど様々ですが、眠れない時が続くと日中の仕事などにも影響が出て辛いですよね。

眠れない時があるのに、そのまま何も対処せずにいると体調を崩してしまい、ひどくなるとうつ病や自律神経失調症などの病気にまで進行してしまうので、早めに眠れない悩みを改善して対処するようにしましょう。

そんな眠れない時の悩みを、どうやって改善しているのか、いろんな方の寝る方法の体験談をもとに対処法を紹介しています。

 

眠れない時に寝る方法は、どんな対処法がある?

いろんな人の眠れない時の対処法を教えてもらうと、それぞれその人に合った寝る方法があるんだなと思います。

たくさんの経験談を読んでいると、自分にも合いそうな対処法が見つかるかもしれませんので参考にしてみてください。

いろんな不眠対処法がありますね

睡眠薬で寝る方法

眠れない症状がひどいときには、睡眠導入剤などを処方してもらうことで寝れるようになった人もいます。ただしあまり依存しすぎないように注意しましょう。

サプリメントで寝る方法

サプリメントは睡眠薬と違って依存や副作用の面で安心できるので、不眠対策として飲んでいる人も多いようです。

アロマで寝る方法

寝れ環境づくりにアロマは役立っているようです。ラベンダーやカモマイルの香りが寝る前にはおすすめのようです。

枕や寝具の工夫で寝る方法

低反発枕にして寝れるようになったという体験もあるようで、自分に合った枕選びは大事ですね。

仕事や家事の悩みで眠れない方も

会社員の方の対処法

仕事の悩みやストレスで困ってる人は多いようですね。体調を崩さないように早めに自分に合った寝る方法をみつけましょう。

主婦の方の対処法

子育ての悩みなどで寝れなくなってしまった方もいて、女性におすすめできそうな寝る方法がいろいろあるようですね。

不眠のタイプ

不眠は症状によって大きく4タイプに分けられます。

入眠障害の場合の対処法
寝つきが悪く、寝るまでに30分以上かかってしまい眠れない症状。不眠症の中では一番多いタイプです。

中途覚醒の場合の対処法
朝起きるまでに何度も目が覚めてしまい、十分な睡眠がとれない症状。中高年に多いタイプです。

早朝覚醒の場合の対処法
朝早くに目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまう症状。高齢者に多いタイプです。

熟眠障害の場合の対処法
睡眠時間は十分とっているけれど、眠りが浅いために熟眠感がない症状。神経質な人に多いタイプです。

 

不眠について

不眠症とは

不眠症に悩んでいる人は、5人に1人の割合だといわれていますが、その症状も様々です。なかなか眠れないという入眠障害の症状や、眠りが浅く朝スッキリ起きることができないなど、睡眠の量と質によって、その症状の重さも変わってきます。

睡眠に対する感じ方も人それぞれで、短時間睡眠でも不眠だと感じない人もいれば、十分な睡眠時間があるにもかかわらず、その睡眠の質が低いために、不眠だと感じる人もいます。本人がどの程度、不眠の状態で困っているのか、それによって心身機能にどの程度影響を及ぼしているのかによっても違ってきます。

このように個人の感覚の違いはありますが、一般的に不眠症とは、睡眠の質や量の低下によって、日中の活動に影響を及ぼす状態が、一カ月以上続く状態だといわれています。

不眠の原因

不眠の原因には大きく分けて、次のような5つの原因があります。一つだけではなく、いくつかの原因が考えられることもあります。

身体の不調

身体的な不快が原因となって起きる不眠で、咳や喘息などの症状や、体調を崩してしまったときに起きる発熱やかゆみなどによっても眠れない状態になってしまいます。身体的原因で起きている不眠は、そのもとになっている病気を治療することが、不眠を解決する方法となります。

環境の変化

睡眠環境の変化から眠れなくなってしまうもので、騒音、明るさや寝室の温度、湿度が原因となります。旅行などで一時的に環境が変わってしまう場合に不眠になる場合もありますが、できるだけ自分が不快感のない睡眠環境をつくるように心がけることも大切です。

精神的なストレス

極度の緊張やストレスから起きるもので、その原因となる要因を解決していくことが必要です。しかし、誰にもストレスや悩みはあるもので、簡単にはその原因を取り除くことは難しいでしょうから、できる限り軽減するという考え方をすることも大切です。多少のストレスは仕方ありませんが、過剰なストレスは注意が必要です。

精神的な病気

精神的なストレスが過剰になってしまうと、うつ病や統合失調症などの精神疾患になってしまいます。これらの病気な不眠とは密接な関係があり、精神疾患を抱えている人の多くは、睡眠障害も起きています。精神疾患を伴う場合は、不眠症についても専門医の診察を受けるた方がよいでしょう。

薬物、飲料

カフェインやアルコール、たばこの摂取が原因で不眠になる場合があります。またステロイドやホルモン剤も不眠の原因となることがあり、薬物、飲料などの摂取は適量を誤って過度にとりすぎると睡眠にもよくありません。

 

眠れない時の対処法で参考になるサイト

睡眠おすすめサプリ

グッドナイト27000




タレントさんも飲んでいることから口コミで人気の広がった効果実証のあるサプリです。お試しもあり、1日わずか33円で始めることができます。

グッドナイト27000の詳細を見る

ネムリス




3日目で69%の人が効果を実感したという、メディアでもよく紹介されているサプリです。女性誌や新聞などでもとりあげられていることが多いサプリで、ネット通販でも人気の不眠対策サプリです。

ネムリスの詳細を見る

リラクミン


口コミも圧倒的に多い、睡眠改善・メンタル系では人気がある睡眠改善サプリです。メンタルサプリ専門の会社が販売していて、症状やタイプに応じで5種類から選べます。

リラクミンの詳細を見る

眠れないときの対処法

対処法を検索